お知らせBLOG

第4回借入限度額と返済比率とは?

こんにちは。

注文住宅の相談窓口 赤池店の辻です。

当店では住宅会社紹介、住宅ローン、土地探しなどマイホーム購入に関するさまざまな悩みを無料で解決いたします。日進市だけでなく名古屋市、長久手市、東郷町、豊田市、みよし市など近隣にお住まいの方のお問合せご相談も大歓迎です。地下鉄鶴舞線「赤池駅」徒歩2分 1Fにホームメイト、明光義塾があるオーシャンビル5Fに店舗がございます。

当店ではお客様の立場になって一緒に家づくりを徹底サポートしています。

前回は借入限度額が減額される事案についてお話ししましたが、今回は借入限度額の減額について、「見落としがちな携帯電話やタブレット購入の影響の事例」についてお話しします。こちらはもしかしたら心当たりがあるという方もお見えになるかもしれません。

 

どうぞよろしくお願いいたします。


見落としがちな携帯電話やタブレット購入の影響の事例

 

以前のお客様の事例ですが、現在借り入れがゼロとの事で、事前審査をしたところ・・なんと予想外の1,200万円の限度額の減額の事例がありましたので個人が特定できない形でお話致します。

 

こちらのご家族はご家族で携帯電話3台。タブレット2台を割賦契約。合計5台の割賦契約で購入されていました。

 

「ここに、落とし穴がありました」

 

実際には、新規モデルの携帯機種は例えば1台に付き2,000円/月の機種代の支払いとなっていても、実際の契約は月々8,000円の24回払い等になっており、そこから々払いの値引きを行い月々2,000円になっているからくりです。

 

月々8,000円×5台=40,000円 つまり、深く認識せずに月々40,000円のローン契約をしていたことになります。このご家族は半年以内に機種代の支払いを終える内容でしたので、大きな影響はありませんでした。

 

実は携帯電話やタブレット購入についても、購入の仕方によっては住宅ローンと密接に関連していますので、住宅ローンを利用する予定がある場合、機種変更や購入時には割賦契約をしない等、注意が必要です。

 

いかがでしたか?簡単に住宅ローンの借り入れができると思っても思わぬ落とし穴がある場合があります。また将来のライフプランを想定した適切な借り入れがとても重要です。当店でもお客様に合わせた適切なライフプランを診断致しますのでお気軽にご予約ください。

 

これで全4回「借入限度額と返済比率とは?」シリーズは完了となります。申少し他の事例も聞いてみたいという方はどうぞ、ご来店予約頂きお気楽にご相談ください。

 

※注文住宅の相談窓口赤池店では引き続き、コロナウイルス対策実施中です

面談は完全予約制です。
同一時間お客様1組にスタッフ1名で対応致します。
面談後は机・椅子・文具等の消毒をしております。
密閉空間にならないよう換気を行います。
スタッフは全員マスク着用でご対応致します。
スタッフの1日2回以上の体温、体調チェックを実施しております。

 


注文住宅の相談窓口赤池店では住宅購入に関する基礎知識を無料でしっかりお伝えし、信頼度の高い優秀な担当者への橋渡しを致します。

当店では住宅購入を検討される皆様に極力、「専門用語は避けわかりやすい言葉で」中立的な立場から客観的な情報発信、アドバイスを心がけております。

どうぞ、お気軽にお問合せください。